弁護士費用について

当事務所では、法律相談は無料でお受けしています。

ご依頼いただいた場合の報酬額の基準は、以下の通りです。なお、以下はあくまで一般的な目安であり、個々の事件においては、事案の難易度等のさまざまな事情を考慮したうえで決定いたしますので、増減があり得ることをご了承ください。詳細については、ご相談を受けたのち、見積もりを提示させていただきます。また、ここに掲げられていない事件類型については、直接弁護士にお尋ねください。

下記のうち、着手金とは、事件をご依頼いただいた際に、結果に関わらずお支払いいただくものであり、報酬金とは、事件終了時に結果に応じてお支払いいただくものになります。この他に、印紙代・郵便代などの実費も、原則としてご負担いただくことになります。
また、「事件の経済的利益」とは、その事件の対象となっている経済的利益の金額をいい、「確保した経済的利益」とは、そのうち判決等によって実際に確保できた経済的利益の金額をいいます。たとえば、1000万円の請求をして500万円だけ認められた場合、「事件の経済的利益」は1000万円であり、「確保した経済的利益」は500万円となります。

当事務所では、着手金の額をなるべく低く抑えるとともに、分割払いなどにも対応し、ご依頼しやすい料金体系を心がけております。

■文書作成

・2万円~5万円程度
※事件の継続的な処理を委任されず、内容証明郵便や訴状等の文書の作成だけを依頼された場合の料金です。正式に代理人として事件処理を依頼された場合には、その過程で文書を作成しても、別途この作成料金が発生することはありません。

■債務整理

1.任意整理
・着手金…1社あたり2万円
・報酬金…1社あたり2万円+過払い金を回収した場合回収額の20%
2.自己破産(個人の方)
・着手金…20万円~30万円
・報酬金…なし
※事業者・法人の場合は相談の上決めさせていただきます。
3.個人再生
・着手金…30万円
・報酬金…なし

■離婚など家事事件

1.示談その他交渉による場合
・着手金…15万円程度
・報酬金…15万円~20万円程度
2.調停の場合
・着手金…25万円程度
・報酬金…25万円~(事案によるが、50万円が一応の上限)
3.訴訟の場合
・着手金…30万円程度
・報酬金…30万円~(事案によるが、60万円が一応の上限)
※交渉から調停、調停から訴訟へ移行した場合、着手金は半額以下に値引きいたします。

■相続関係

1.遺産分割・遺留分減殺などの紛争
 原則として、下記一般民事事件の基準に準じておりますが、詳しくは相談のうえ決定させていただきます。
2.相続放棄
 3万円~5万円程度
3.遺言書作成
 10万円前後を基準に、相談のうえ決定します。

■その他一般民事事件

※旧日弁連報酬基準を参考に定めています
1.着手金
 「事件の経済的利益」の額が…
 ①300万円以下の場合…その8%
 ②300万円を超え3000万円以下の場合…その5%+9万円
 ③3000万円を超え3億円以下の場合…その3%+69万円
 ④3億円を超える場合…その2%+369万円
2.報酬金
 「確保した経済的利益」の額が…
 ①300万円以下の場合…その16%
 ②300万円を超え3000万円以下の場合…その10%+18万円
 ③3000万円を超え3億円以下の場合…その6%+138万円
 ④3億円を超える場合…その4%+738万円

■刑事事件

・着手金…20万円~(事案によるが、50万円が一応の上限)
・報酬金…20万円~(事案によるが、50万円が一応の上限)
・着手前の接見…3万円~5万円程度(交通費等実費込み)
※正式に受任となった場合、接見については無料といたします。